TOPICS
2017.04.18

二日酔いと水素吸入

ダウンロード (4)

二日酔いの原因は、アルコールの多量摂取によって、毒性の強いアセトアルデヒドの濃度が高まってしまうことが原因です。
アルコールの分解酵素を「多く持つ人」「少し持つ人」に分類できます。
分解酵素を「少し持つ人」は元々大量のお酒が飲めません。
二日酔いになる人は分解酵素を「多く持つ人」が多いようです。
大量の飲酒で分解の許容量を超えると体内にアセトアルデヒドが大量に堆積し、分解されるまでは頭痛や吐き気を伴います。
また、大量の飲酒は活性酸素を大量に発生させるため、元気だった肝臓の細胞が活性酸素の攻撃を受け、アルコールの分解機能が低下します。
活性酸素の影響は肝臓だけでなく体全体にも及びますので、疲れが残る大きな要因と言えます。

水素は体内の活性酸素を体外に排出してくれます。活性酸素による肝臓細胞への影響を最小限に留めてくれるため、アルコールの分解がスムーズに行われ、二日酔いになりにくくなります。また、肝臓以外の体内の活性酸素も取り除くため、体の疲れも軽減する効果があります。

contact

[ 株式会社 HPJ ]

TEL.011-200-7600FAX.011-200-7601
販売代理店用のページへログイン お問い合わせはこちら

【本社】〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西3丁目3番11号 桂和北1条ビル8階