TOPICS
2017.05.23

悪玉活性酸素ってどんな悪さをするの?

images

細胞内に過剰に発生した悪玉活性酸素は、細胞を内部から酸化させ遺伝子や細胞膜を破壊します。
その結果、健康な細胞が次々と死滅させていきます。
これが「体がサビる」という現象の正体です。
悪玉活性酸素により多くの細胞が破壊されると、体が不調をきたしはじめます。
すると、

・糖尿病
・高血圧
・メタボリックシンドローム
・肌のシミ, シワ
・アレルギー
・内臓の老化

などの老化や生活習慣病を引き起こすのです。

contact

[ 株式会社 HPJ ]

TEL.011-200-7600FAX.011-200-7601
お問い合わせはこちら

【本社】〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西3丁目3番11号 桂和北1条ビル8階