TOPICS
2017.08.21

眼精疲労と水素

ダウンロード (1)

眼精疲労はただの疲れ目とは違い、肩こりや頭痛、不眠や吐き気、食欲不振を引き起こすと言われています。
さらに、眼精疲労のストレスにより、抑うつ・不安感といった自律神経系に影響を及ぼすこともあるようです。

近年、スマホやパソコン・タブレットなどの利用が増え、知らないうちに画面から出ているブルーライトによる眼精疲労が増えています。
ブルーライトは波長が短い可視光なので、角膜や水晶体で吸収されず網膜に達しやすく、視細胞にダメージを与えます。
ブルーライトが当たった細胞は活性酸素が増加し、ミトコンドリアを障害、更に小胞体にも障害を起こすので細胞障害が引き起こされると考えられています。

水素はどの抗酸化物質よりも分子が小さいので、細胞の隅々まで行きわたり、悪玉活性酸素と結びつきます。
抗酸化を意識することによって、見えないバリアを作ることが大事ですね。

水素を吸入して、疲れやすかった体質がだんだんと疲れにくくなってきました。
前は、眼精疲労もありよく目薬をさしていましたが水素を吸入しだして目薬をさす回数が減ったと気付きました。」
(弊社関連サロンのお客様の声)

contact

[ 株式会社 HPJ ]

TEL.011-200-7600FAX.011-200-7601
販売代理店用のページへログイン お問い合わせはこちら

【本社】〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西3丁目3番11号 桂和北1条ビル8階